CATEGORY

- INTERIOR
- TEXTILE
- KITCHEN
- WARDROBE
- Clothing Accessories
- Jewelry & Accessory
- FOODS
- Skin Care Products
- MUSIC
- BOOK




yumiko iihoshi porcelain - イイホシユミコ





















ショッピングカートを見る

gmailなどのwebメールや、携帯電話のメールアドレスをご利用頂いているお客さま宛へのメールが 当店からお届けできない場合がございます。また、当店からのメールが迷惑メールとして扱われる場合もございます。 返信メールが届かない際はご確認のうえ、ご連絡頂けますようお願い致します。携帯電話でドメイン指定受信を設定されている場合は、「@vivova.jp」からのメールを受け取れるよう設定をお願い致します。


search

| ordering info

 特定商取引法に基づく表記

 支払い方法について

 配送方法・送料について

 プライバシーポリシー

 サイトマップ

 マイアカウント

 

| shop address
 〒650-0023
 神戸市中央区栄町通2-2-14
 日栄ビル南館
 phone:078・334・7225
 mail:info@vivova.jp
 open11:00-19:30
 水曜日11:00-16:30
 実店舗はこちら
 (Googleマップが開きます)

rss atom

top FOODS

鹿ボロネーゼ - the Blind Donkey





持続可能な農業を行う生産者の食材を生かした料理を味わえるレストラン「the Blind Donkey」が手掛ける、鹿肉のボロネーゼ。
香り高いこだわりの食材が、ひと缶にぎっしりと詰められています。
ブラインドドンキーのシェフ ジェローム・ワーグ氏は、カリフォルニアにあるレストラン「Chez Panisse」の元総料理長。

Donkey at Home 『 鹿ボロネーゼ 』

私は森をあてもなく歩くことが好きです。葉っぱや木の枝を集めては手付かずの自然が放つ音を吸い込んでいます。そうして、ニッキや山椒などの食べられる植物を見つけることを学んでいきました。時々、静かにしていると鹿に出くわすことがあります。鹿とニッキの木と山椒の薮は共に成長し、生きているのです。

私は甘い香りのするスパイスを肉料理に使うモロッコや地中海の料理からインスピレーションを受けているので、日本のシナモンのひとつ、ニッキの木を見つけたときはうれしくなりました。山椒と鹿肉と合わせることで、猛々しい自然の中を歩くような風味や森の空気を表現することができました。鹿肉はサステイナブルな肉の消費に有効です。実際、日本では鹿が増えすぎているために健全な森に被害を及ぼしています。そんな中で鹿を狩り、鹿肉を消費することは生態系のバランスを保つために大切なことなのです。

鹿肉は石巻のAntler Craftsから。
ニッキの葉と新鮮な山椒は神山の森から。

-------

原材料名:鹿肉(国産)、豚肉、玉葱、人参、ワイン、トマト、トマトピューレ、オリーブ油、食塩、にんにく、香辛料
賞味期限:2023年4月27日
内容量:200g

【食べ方】
蓋つきの鍋のなかでゆっくりと5分ほど温めてください。水分が足りないようなら、途中で水を足します。
1缶で2人分。パスタやご飯と一緒にどうぞ。

PRICE

1,800円(税込1,944円)

数量