yumiko iihoshi porcelain - イイホシユミコ





















ショッピングカートを見る

gmailなどのwebメールや、携帯電話のメールアドレスをご利用頂いているお客さま宛へのメールが 当店からお届けできない場合がございます。また、当店からのメールが迷惑メールとして扱われる場合もございます。 返信メールが届かない際はご確認のうえ、ご連絡頂けますようお願い致します。携帯電話でドメイン指定受信を設定されている場合は、「@vivova.jp」からのメールを受け取れるよう設定をお願い致します。


search

| ordering info

 特定商取引法に基づく表記

 支払い方法について

 配送方法・送料について

 プライバシーポリシー

 サイトマップ

 マイアカウント

 

| shop address
 〒650-0023
 神戸市中央区栄町通2-2-14
 日栄ビル南館
 phone:078・334・7225
 mail:info@vivova.jp
 open11:00-close19:30
水曜日11:00-16:30

rss atom
top BOOK
くろはおうさま





文:メネナ・コティン | 絵:ロサナ・ファリア | 翻訳:宇野和美 | 28.7 x 17.8 x 1.2 cm | 28ページ |

サウザンブックスはクラウドファンディングを活用して、良質で優れた世界の本を翻訳する出版社。 見たことないアプローチで世界中から絶賛された絵本「くろは おうさま」もその一つです。

目が見えないと思われる主人公トマスの感覚の追体験を手のかかった印刷方法で実現しながら、デザインやアート本としても最上級に素晴らしく仕上げた絵本。
各国で翻訳されているこの本の点字部分が薄くて読みにくいことから、サウザンブックスさんが日本語版だけに付けられた濃い日本語点字シートは、デザインにもひと工夫があり、サウザンブックス最高ってなります。


以下 出版社HPから

目の見えない子が感じている豊かな世界を描く、真っ黒な美しい絵本。
『くろは おうさま』はメキシコ生まれの美しい絵本。真っ黒な紙に、銀色の文字と、光沢のある透明なインクのレリーフによるイラストと、点字によって書かれた文章が印刷されています。

そこに広がっているのは、目の見えないトマスが感じている“色”の世界。視覚障碍者と言われる人々にとっての色とはどんなものなのか、どんな感覚として伝わっているか、どんな風に認識されているか。トマスという男の子の素朴な言葉と、触れることのできる美しいイラストで描かれ、全ての感覚を使って感じ取る、色の世界の豊かさを伝えてくれます。

紙製本版には、日本語版のみのオリジナル点字シート付録が付きます。

【受賞歴】
・ボローニャ国際児童図書展 ラガッツィ賞(ニューホライズン部門) 2007
・ニューヨークタイムズ・ベスト・イラスト賞 2008


《著者・訳者プロフィール》

文:Menena Cottin(メネナ・コティン)
作家・アーティスト。
1950年、ベネズエラ生まれ。グラフィックアートをベネズエラのカラカラにあるニューマン・デザイン学校で学ぶ。後にニューヨークのパーソン・デザイン・スクールで児童書の創作とイラストレーションを、プラット・インスティトゥートでアニメーションを学び、児童書の制作を始める。
本書は14言語に訳され、世界各国で幅広く読まれている。

絵:Rosana Faria(ロサナ・ファリア)
イラストレーター・グラフィックデザイナー。
1963年、ベネズエラ生まれ。ニューマン・デザイン学校でグラフィックアートを学ぶ。20冊以上の児童書のイラストを書いているが、“さわることができる”本の描画が彼女の大きな挑戦であることは間違いない。

訳:宇野 和美(うの・かずみ)
翻訳家。大阪生まれ。出版社勤務を経て、スペイン語圏の本の翻訳に携わる。バルセロナ自治大学大学院修士課程修了。訳書に『マルコとパパ』(偕成社)『ちっちゃいさん』(講談社)『太陽と月の大地』(福音館書店)『おにいちゃんとぼく』(光村教育図書)他多数。再話絵本に『まめつぶこぞう パトゥフェ』(ささめやゆき絵 BL出版)がある。

PRICE

3,500円(税込3,850円)

数量