CATEGORY

- INTERIOR
- TEXTILE
- KITCHEN
- WARDROBE
- Clothing Accessories
- Jewelry & Accessory
- FOODS
- Skin Care Products
- MUSIC
- BOOK




yumiko iihoshi porcelain - イイホシユミコ





















ショッピングカートを見る

gmailなどのwebメールや、携帯電話のメールアドレスをご利用頂いているお客さま宛へのメールが 当店からお届けできない場合がございます。また、当店からのメールが迷惑メールとして扱われる場合もございます。 返信メールが届かない際はご確認のうえ、ご連絡頂けますようお願い致します。携帯電話でドメイン指定受信を設定されている場合は、「@vivova.jp」からのメールを受け取れるよう設定をお願い致します。


search

| ordering info

 特定商取引法に基づく表記

 支払い方法について

 配送方法・送料について

 プライバシーポリシー

 サイトマップ

 マイアカウント

 

| shop address
 〒650-0023
 神戸市中央区栄町通2-2-14
 日栄ビル南館
 phone:078・334・7225
 mail:info@vivova.jp
 open11:00-close19:30
水曜日11:00-16:30

rss atom

top BOOK

MOMENT 3号





13 × 19.1 × 0.8 cm | 165ページ

あらゆる地域・分野を横断しながら都市を探索し、少し先の暮らしや仕事の形を描き出す人のためのトランスローカル・マガジン[MOMENT]3号目です。

毎号特集で選ばれる街や人が秀逸で興味深い事柄ばかり。政治問題とパンデミック後の香港の現状を小さなスケールの行動でつなげるマイケル・ルンさんや建築家ユニットNew office Wksが作るビデオエッセイMiddle Man Hong Kong(最高)の紹介とよく見つけてこられるなぁな内容です。また久しぶりにお名前を拝見した(失礼)オランダのDroog Designの現在の動きが、僕の生きる場所が変わっただけで、Droogはずっと魅力的でした。
あと、埼玉県比企郡小川町特集のkazumasa haradaさんの写真がめちゃくちゃ好きでした。

他、『ベルリンうわの空』でも人気の漫画家・香山哲による連載コミックも掲載しています。

以下 出版社リリースから
3号の特集は、「City as a home」。
自宅と近隣にとどまって過ごす日々のなかで、急速にしぼんでいく街への想像力をいかにして新たな形で取り戻すのか。香港、アムステルダム、埼玉県小川町などを巡って、ホームとしての都市のあり方について考えます。

香港在住の作家 / デザイナーによる書き下ろし小説から、認知症を包み込む都市のあり方を探る寄稿、有機農業のメッカを巡る循環の旅、演劇ユニットPort B主宰・高山明へのインタビュー、磯野真穂と坂口恭平の対談、自宅でつくるゴーストレストラン......などなど、ホームの世界を旅する3号をお届けします。

Feature 1
マイケル・ルンと歩く香港
Michael Leung
ロンドン生まれ香港在住のアーティスト/ デザイナーで、都市農業にかかわる多数の活動を展開するマイケル・ルン。超高層住宅とにぎやかな看板が林立する香港市街地の屋上で蜂を飼い、コンポストを置き、週末ごとに新界の農村に通う。

マイケルによる小説とインタビューで香港の日常を巡りながら、都市のマイクロポリティクス(小さな政治)を考える。揺れる香港でときほぐされ、結び直されるものとは。

Hong Kong

Feature 2
レニー・ラマカースと話す新しいhomeの時代
Droog Design
1990年代にコンセプチュアル・デザインの流れをつくり出し、ものの見方を刷新し続けてきたオランダのデザイン・コレクティブDroog(ドローグ)。

近年はOpen HouseやDesign + Desiresなど都市にまつわるプロジェクトを次々と展開している。共同創設者のレニー・ラマカースは、激変する世界でいま何を見ているのか。第2の拠点バルセロナの自宅にいる彼女と話すホームのこと。

Amsterdam / Barcelona

PRICE

1,800円(税込1,980円)

数量