CATEGORY

- INTERIOR
- TEXTILE
- KITCHEN
- WARDROBE
- Clothing Accessories
- Jewelry & Accessory
- FOODS
- Skin Care Products
- MUSIC
- BOOK




yumiko iihoshi porcelain - イイホシユミコ





















ショッピングカートを見る

gmailなどのwebメールや、携帯電話のメールアドレスをご利用頂いているお客さま宛へのメールが 当店からお届けできない場合がございます。また、当店からのメールが迷惑メールとして扱われる場合もございます。 返信メールが届かない際はご確認のうえ、ご連絡頂けますようお願い致します。携帯電話でドメイン指定受信を設定されている場合は、「@vivova.jp」からのメールを受け取れるよう設定をお願い致します。


search

| ordering info

 特定商取引法に基づく表記

 支払い方法について

 配送方法・送料について

 プライバシーポリシー

 サイトマップ

 マイアカウント

 

| shop address
 〒650-0023
 神戸市中央区栄町通2-2-14
 日栄ビル南館
 phone:078・334・7225
 mail:info@vivova.jp
 open11:00-close19:30
水曜日11:00-16:30

rss atom

top BOOK

舞踏会 | 佐川恭一





佐川恭一 | 13.7 x 19.5 x 2.0 cm | 237ページ |

率直な感想が、「こんな音楽聞いたことない」でした。
ねらい過ぎの言葉のようで、ほんとに嫌なのですが、でも読んでいただければ、一人称で進む小説なのに、どこにも属さない読んだことないリズムで進み、「すごい音楽聴いた...」に近い表現はわかっていただると思います。
今の時代では流行らない登場人物かもで、どこに勧めていいかわからないのですが、「たりない二人」見てらした方は、絶対好きなはず。
大好き。

以下 出版社HPから

優雅で感傷的な自虐小説?繊細な含羞に裏打ちされた狂気?
これも文学なのだ、ではなく、これこそが文学なのだ、と敢て言おう。
佐川恭一は、令和日本文学の、黒光りに輝く希望の星である。
――――佐々木敦(ことばと編集長)

5編の妄想と諧謔によって綴られる佐川恭一ワールド全開の一冊。

妻と娘との三人家族のわたしは、職場でも家庭でも孤立していき、限られた小遣いの中でわずかな喜びを見出す日々。強靭な精神を持つ妻に太刀打ちできないわたしは家出することで抵抗するが ・・・「愛の様式」
 苦手なドッジボールに誘われるまま参加したことをきっかけに、現実のぼくの心と体はどんどん乖離していく。十歳を目前にしたぼくはすべてを消し去ってしまおうと決意する ・・・「冷たい丘」 
この世界はしらふで生きていられる場所じゃない。勝者しか存在を許されない会場で、ぼくたちは倒れるまで下手なダンスを踊り続けるしかない ・・・「舞踏会」など、「ことばと」掲載の表題作を含む5編を収録。

PRICE

1,500円(税込1,650円)

数量